豊平区・歴史ダイジェスト(豆知識)⑧

豊平区・歴史ダイジェスト(豆知識)⑧

◆【コラム 豊平町にはかって競輪場があった!】

月寒体育館をはじめラグビー場などの屋外競技場が整備されている月寒東1条8丁目付近は、以前、競輪場がありました。戦後間もない昭和24(1949)年、住民の娯楽の場として、また、北海道の財源確保や自転車産業の振興などの目的として造られた道営札幌競輪場です。

もともと、月寒には陸軍の施設がありました。昭和20(1945)年に戦争が終わると日本の軍隊は解体され、月寒の軍施設はいろいろな施設に変わっていきました。競輪場もそのひとつで、兵士の訓練を目的とする練兵場があったところです。

昭和25(1950)年に、第1回競輪が開催されてから、年々人気が高まっていきました。しかし、競輪の車券(勝者投票券)の購入は賭けごとで、風紀上好ましくないとの考えから、競輪場廃止の声が多くなり、札幌市と合併した年の、昭和36(1961)年4月の道議会で廃止することが決まりました。

※出典「区政施行30周年記念 豊平区の歴史」

「平成29(2017)年6月広報さっぽろ豊平区版」

【道営札幌競輪場】「つきさっぷ郷土資料館所蔵」

#三上洋右 #三上ようすけ #札幌市議会議員 #豊平区 #自民党

ブログ
札幌市議会議員 三上洋右事務所 – この指とまれ
タイトルとURLをコピーしました