第65回さっぽろ雪まつり雪像制作隊慰問

2014年01月22日

自衛隊協力会東月寒分会の皆様、東月寒地区交通安全母の会の皆様とともに、第65回さっぽろ雪まつりの大通公園西8丁目会場を訪れ、インドの「イティマド・ウッダウラ」(ムガル帝国第4代皇帝ジャハーンギールの皇妃、ヌールジャハーンが、父母の為に1620年代(日本では江戸時代)に建造)の大雪像を制作されている陸上自衛隊第11旅団第18普通科連隊、第11施設中隊、第11通信中隊の皆様を激励してまいりました。
最高気温氷点下3度と非常に厳しい寒さの中、懸命に雪像制作にあたられる隊員の皆様に、あらためて感謝を申し上げた次第です。
現在の進捗状況は、約4割の完成度とのことで、2月5日の開会式までに無事完成することを心から願ったところです。

札幌赤レンガライオンズクラブ「桜の木1,000本植樹」

2013年10月26日

私が幹事を務める札幌赤レンガライオンズクラブ(会長:河原博之)は、結成10周年という記念すべき節目の年を迎えた今年、7月9日(火)に調印した「札幌市と連携に関する協定書」を皮切りに記念事業をスタートいたしました。

7月9日(火)に調印した「札幌市と連携に関する協定書」


連携協定調印後の7月12日(金)には、アクティビティーの一環として、札幌市円山動物園の入口に、記念撮影のスポットとして市民に親しまれることを願い、動物園の顔となるウェルカムボードを設置いたしました。
 苔で作成された動物たちが、数分おきに噴出するミストにより幻想的に苔が維持されるようにされており、来園された皆様から大変好評を得ているとのことです。

円山動物園ウェルカムボード


当クラブでは、様々なアクティビティーに取り組んでまいりましたが、その中の1つが、結成2年目の平成17年から、環境貢献活動の一環として継続して行っている「桜の木1,000本植樹」です。
10月12日(土)には、札幌療育会ノビロ学園の園児たちを招待し、円山動物園において記念植樹を行ったところです。 
園児たちとともに植樹した桜に大きく育ってほしい、そして桜とともに園児たちにも大きく育ってほしいとの願いを込め、「そだち」というテーマで植樹を行ったところです。桜の木1,000本植樹を達成するまではもちろんのこと、その後も「そだち」の活動に継続して取り組んでまいる所存です。

桜の木1,000本植樹

また、10月19日(土)には、月寒公園において20本の桜の木を、10月27日(日)には、東月寒樹林地において、45本の桜の木の植樹を行い、植樹本数は、本年で約300本に達したところです。
当クラブが植樹している桜の木は、苗木ではなく、翌年には見事な桜の花を咲かせてくれる中木です。本年植樹した桜が健やかに「そだち」、来年見事な花を咲かせてくれることを願った次第です。

東月寒樹林地において、45本の桜の木の植樹

第25回三上洋右旗争奪少年軟式野球大会閉会式

2013年10月19日

爽やかな秋晴れの中、私が名誉大会長を務める「第25回三上洋右旗争奪少年軟式野球大会」の閉会式が西岡中央公園野球場において開催されました。

閉会式に先立ち開催された決勝戦では、西岡スターズと木の花ブラックジャカーズの強豪同士が対決し、小学生とは思えない闘志あふれるプレーを目の当たりにした私は、観戦していた選手の父兄と同様、子供たちの成長ぶりに感動したところです。

決勝戦は、木の花ブラックジャガーズが3対1で西岡スターズに勝利し、見事、優勝旗を手にしました。

これまで途切れることなく25回目の大会を無事終えることができたのも、豊平区少年軟式野球連盟の皆様をはじめ、大会の趣旨に賛同いただいた関係者の皆様のご協力の賜物と、改めて、心より感謝とお礼を申し上げた次第です。


第23回三上洋右親睦ゴルフ大会

2013年07月22日

三上洋右ゴルフ同好会(会長 沼田勝次)主催の第23回三上洋右親睦ゴルフ大会が札幌芙蓉カントリー倶楽部で開催され、206名もの方々が参加くださいました。

大会終了後に開催した表彰式を兼ねた懇親会にも、引き続き多くの方々が出席くださり、会場は、大いに盛り上がっておりました。

私が、札幌市議会議員に初当選した平成3年に第1回目の大会を開催し、本年、23回目を迎えることができたのも、関係者の皆様をはじめ、日ごろから私の活動を支えてくださる皆様方のご協力の賜物と心より感謝を申し上げたところです。


第25回三上洋右旗争奪少年軟式野球大会開会式

2013年07月20日

三上洋右少年野球育成会に加盟する18チームの参加のもと、第25回三上洋右旗争奪少年軟式野球大会の開会式が西岡中央公園野球場において行われました。

開会式では、前年度優勝チーム西岡ボルテージからの優勝旗返還の後、豊園ウィングス主将 平塚樹汰選手 の力強い選手宣誓が行われ、その後、西岡中央公園野球場、吉田川公園野球場の両球場において1回戦8試合が行われたところです。

これから野球シーズン終盤までの長期間にわたり、優勝を目指し、熱い戦いを繰り広げる選手の皆さんの健闘を願うとともに、これまで途切れることなく25回目の大会を迎えることができたのは、豊平区少年軟式野球連盟の皆様をはじめ、大会の趣旨に賛同いただいた関係者の皆様のご協力の賜物と、改めて、心より感謝とお礼を申し上げた次第です。

14 / 16« 先頭...1213141516

このページのトップへ