ポートランド姉妹都市提携55周年記念事業

2014年06月10日

ポートランド市との姉妹都市提携55周年を記念した親善訪問事業に、札幌市議会訪問団の一員として、前回の50周年の訪問に引き続き、参加してまいりました。 

歓迎式典等において、ポートランド市の人々と直接、意見交換をさせていただいたり、環境分野などにおいて優れた取り組みを行っているポートランド市の施策を肌で感じながら視察することができ、大変有意義でありました。 

市民交流を通じた国際感覚の醸成、また、優れた施策を学びあうことができる協力関係の構築という意味において、ポートランド市という「海外の友人」との交流を今後益々深めていく必要があると思いを新たにしたところです。

空港での歓迎セレモニーの様子

今回の訪問では、ポートランド国際空港での歓迎セレモニーや、市役所で行われた姉妹都市レセプションなど、随所においてポートランドの人々から心のこもったおもてなしをいただき、非常に感動いたしました。

訪問中は、現地姉妹都市協会の方々からきめ細やかなサポートをしていただき、本当に充実したものとなりました。特に、ボランティアとしてガイドを務めてくださった、札幌出身の本間千代子さん、菊池真巨さんには大変お世話になりました。    
                             
また、6月7日に観覧した、ポートランド市の伝統的なお祭りである「ローズフェスティバル」では、地元市民の期待や、喜びを肌で感じることができました。札幌にも市民が参加する様々な祭りやイベントがありますが、観光コンベンション都市である札幌でも市民と観光客がともに祭りを楽しめる仕掛けや工夫をしていかなくてはならないと感じた次第です。

姉妹都市協会訪問の様子

ローズフェスティバルの様子

訪問期間中は、交流事業のほか、開発局、市民参加局、交通局などの行政機関や自転車連盟、エコトラスト等の市民活動を視察してまいりました。

低炭素社会の実現に向け官民挙げて取り組んでこられた結果、それが市民の皆さんの環境保全の意識を高め、また街の魅力につながっている様子がうかがえ、本市においても学ぶべき点が多いと感じました。

また、6月8日に観戦したスポーツ交流体操大会では、次代を担う子供たちが体操競技を通じて、姉妹都市交流を深めている様子を拝見することができました。

特に、子供たちの笑顔が印象的であり、非常に喜ばしく感じると同時に、国際感覚が豊かに備わった青少年を育成していくためには、こうした姉妹都市交流事業を継続して実施していく必要性、大切さを実感したところです。

ジュニア・スポーツ交流 体操大会の様子

このページのトップへ