第11回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo & 第32回さっぽろホワイトイルミネーションオープニングセレモニー

2012年11月26日

札幌の初冬の風物詩として定着したさっぽろホワイトイルミネーションのオープニングセレモニーが、ミュンヘン・クリスマス市の開幕に合せて開催されました。

電力需給見込みが不透明な中での開催となる今年のホワイトイルミネーションは、大通会場の全てのオブジェをバイオディーゼルを燃料とする自家発電で点灯させるなど、節電と環境への優しさを配慮したイベントとして実施されており、セレモニーでは、市民団体の皆様から、発電機の燃料になる使用済みの食用油が贈呈されました。

また、ミュンヘン市との姉妹都市提携40周年を迎えた今年のクリスマス市には、駐日ドイツ大使館の文化部副部長、フィンランド・ロヴァニエミ市からサンタクロースも会場に駆け付けてくださり、盛大にセレモニーが開催されたところです。

あいにくの雨模様の中ではありましたが、会場を訪れた皆さんは、ホットワインやソーセージなどのドイツ料理を楽しんでいました。


このページのトップへ