平成30年北海道胆振東部地震に関する緊急要望

2018年09月18日

平成30年9月18日

自民党本部において「平成30年9月北海道地震・台風21号災害対策本部」(本部長:二階俊博幹事長)の会議が開催され、市議会自民党議員会の同僚議員とともに出席してまいりました。

会議では、被害状況並びに政府の対応状況について、関係省庁から報告があり、対策について議論されました。

札幌市では、既に被害箇所の復旧に取り組む一方、被災者の皆様が一日も早く日常生活を取り戻すことができるよう、関係制度の円滑な情報提供に向けた「生活支援ガイド」の公開や、住宅被害にあわれた方への「市営住宅の無償提供」などに取り組んでおります。

市議会自民党議員会を代表して出席した私は、札幌市の被害状況に鑑み、激甚災害の早期指定や地震からの復旧に対する支援など、当面特に国に対し全面的な支援を求める8項目に及ぶ「平成30年北海道胆振東部地震に関する緊急要望」を二階本部長に手渡し、要請してまいりました。

北海道においては、余震が続いていることで地盤の液状化が進み、今なお地形が変化していることから、建物の被害が深刻化しています。

一刻も早い復旧のため、国をはじめ関係機関との連携をより一層密にして取り組んでまいります。


写真中央:左から飯島幹事長、三上、こじま政審会長、細川副会長

写真中央:左から飯島幹事長、三上、こじま政審会長、細川副会長



二階俊博本部長に要望する様子

二階俊博本部長に要望する様子

このページのトップへ