天下分け目の戦い

2017年10月15日

衆議院選挙も終盤を迎えました。
10月15日、安倍総理、河村元官房長官が応援に入りました。
北海道三区は、高木ひろひさ候補です。激戦が続いています。
政治において一番大切なことは、国の安全を確保し、国民の暮らしを守る事です。
相手候補は共産党と手を組みました。
共産党は自衛隊を否定する政党です。
確たる安全保障政策や社会保障政策のない候補者に国は任せられません。
相手候補は最初、一早く希望の党から立候補する事を表明しました。
ところが、立憲民主党から出たら共産党が候補者を降ろし、票をもらえると分かるや、今度は立憲に鞍替えしたのです。
選挙目当てとしか思えません。
勝つために、自分のためにだけとしか思えない振る舞いです。
そのような候補者には国政は渡せません。
高木ひろひさは全力で頑張っています。
私たちも高木ひろひさの勝利のために皆様と一緒になって最後まで戦います。

安倍総理の街頭演説の様子 

安倍総理の街頭演説の様子 



高木ひろひさ候補の街頭演説の様子

高木ひろひさ候補の街頭演説の様子



このページのトップへ